水没した場合はどうする?復旧と修理に掛かる費用は?

「iphoneが水没してしまった!」そんな時はどうすれば良いでしょうか。まずは咄嗟の応急措置として、電源を入れていた場合は必ず電源を切ってください。電源をつけてしまうのは絶対にダメです。内部に残った水のせいで通電し、中にある精密機械が破損する可能性があります。そのため電源はつけずに、水分を抜くために乾燥させるようにしましょう。応急処置としてまだマシなのは吸湿性の高いものを詰め込んだジップロックに入れることです。逆にドライヤーなどで急速に乾かそうとするとこれも意図しない部分に水が流れ込み、故障の原因となります。あとはキャップやカバー、simカードにバッテリー、マイクロSDと外せるものは全て外し、直射日光の当たらない風通しの良い所で電源を切った状態で乾かしましょう。

一度水没すると保証サービス外ということもあり、3万以上の修理費用が掛かる場合もありますので、なるべく避けたいところです。

ガラス交換修理に掛かる費用は?

ガラス交換修理に掛かる費用は水没に比べれば比較的安めに済みます。特に保証サービスに入っている場合、正規店で修理を頼めばより安く済むでしょう。ただし、ガラス交換修理の場合でもデータを消す事になる可能性があるので、データのバックアップはきっちり取っておく必要があります。逆に非正規店に修理を頼む場合は、ガラスの部分の交換だけで済むことが多いです。しかし、非正規店に修理を頼むと保証サービスを受けられなくなるだけではなく、正規店での修理も受け付けてもらえなくなる場合がある点には注意しましょう。

iPhone修理の期間中も普段通りに過ごしたいなら、同じ機種を用意するなど代替機を用意することが欠かせません。修理期間を快適に乗り切るためにも、代替機の手配は修理前に済ませることが大切です。