複雑なパスワードの設定

インターネットであるページにアクセスした結果ウイルスに感染したりフィッシング詐欺にあってしまったというニュースを耳にすることが少なくありません。このようなインターネット上の脅威から身を守るためには、まずパスワードの設定があります。自分専用のページにアクセスする際に求められることが多いですが覚えやすいからと誕生日や記念日など、単純な数字やアルファベットでは容易に突破されてしまう危険があります。そのため、数字とアルファベットを組み合わせてより複雑にしたパスワードを設定することが必要です。

安易にWi-Fiネットワークに接続をしない

インターネットを使う場合、多くの人がWi-Fiネットワークを使用しています。自宅で設定したものだけでなく、飲食店やホテルなどが設定したネットワークを無料で使える場合もありますが、無料だからといって安易に使うと思いがけない危険にさらされてしまう危険があります。偽のネットワークを設定し、それに接続しようとした人のパスワードなどを盗み取るという犯罪者がいるのです。そのため、ネットワークに関する知識をきちんと身につけ問題のないネットワークかどうかを判断する必要があるのです。

SNSを乗っ取られないために

有名人のブログが乗っ取られ意図しない投稿がされている、というニュースを聞いたことがあるかもしれません。このようにSNSを乗っ取られてしまうと、管理者の個人情報が丸々盗まれてしまう危険があるのです。そのため、SNSのアカウントをきちんと設定し、管理者以外の誰も操作できないように複雑なパスワードなどで鍵をかける必要があります。

シュレッダーを利用すれば書類を簡単に裁断でき顧客情報などの流出を防ぎます。種類によってはCDの裁断も行えるので用途に分けて使うと良いでしょう。